まつげエクステはセルフで行える商品の種類が増えており、安い価格でまつげエクステを付けられることで人気が急上昇中です。

自分で付けるといっても、初めての方はどのように付けていけばいいのか分かりませんよね?

まつげエクステをセルフで行うための道具や付ける方法をまとめてみました。

 

・セルフで行う時の道具にこだわる理由

まつげエクステをセルフで行う場合は、セルフキットなどを買うことがオススメと言われています。

初めての方は初心者向けのグルーをキットとは別に選ぶことをオススメします。

グルーにはタイプがあり、乾きにくく粘り気があるものやサラサラしていて乾きやすいもの、低刺激なものや無臭のものなどがあります。

初心者向けのグルーの特徴は、乾きにくいのでエクステが付けたい所からズレてしまったとしても、移動するように付け替えることができます。

長時間グルーを使わなければならないので、鼻がおかしくなってきてしまうことがあるので、無臭のものを選ぶようにしましょう。

また、目に染みにくい低刺激のグルーを選ぶこともポイントです。

 

セルフキットにはDVDや説明などが書かれているものがあります。

動画での説明があるととてもわかりやすいので、初めての購入ではDVDが一緒に入っているキットを選ぶことをオススメします。

 

・まつげエクステをセルフで付ける方法とは?

まず容器にまつげとグルーを出しておくのですが、グルーを出し過ぎないように注意して下さい。

グルーはすぐに乾いてしまうので少しずつ出していくことがポイントです。

まつげエクステの根元部分だけに、グルーを付けて自分のまつげの上に乗せように付けていきます。

エクステを付ける部分はまぶたではなく、自分のまつげに付けていってください。

まぶたにつけてしまうと、まばたきをした時などにチクチク刺さって痛くなってしまいます。

鏡でバランスを確認しながら、根気よく付けていくと仕上がりがキレイに仕上がりますよ。

 

付ける作業が終わったら、ドライヤーを使って乾かしていきましょう。

ドライヤーで乾かすコツは、冷風の弱を使い下や上から風を当てていくこととなります。

数回に分けて乾かすとより効果的です。