まつげエクステは、ただ付ければいいという訳ではありません。

付ける量や化粧の仕方、付けた後のイメージを想像しエクステを付けることが大切ですよ。

まつげエクステには、付ける前にポイントがあることを覚えておきましょう。

 

・エクステを付ける前のポイント

まつげエクステを付ける前のポイントはいくつかあります。

まずサロンで付けてもらう時の場合は100本コースという案内をよく見ますが、これは両目にエクステを付ける本数を意味しています。

片目の本数は50本でいいだろうと思っていても、エクステを付けてもらった後に鏡を見てみたら、予想以上にボリュームがなかった何てこともあります。

まつげエクステを付けてもらう時のコースを選ぶポイントは、片方に80本~100本程度エクステを付けられるコースを選ぶというところにあります。

付け過ぎでは?と思っていても、完成してみると自然な仕上がりになっていますよ。

 

またセルフで付ける前のポイントは、目に染みないタイプのグルーを買っておくことです。

セルフでは失敗することも多くあります。

特に初めて行う際には何度も失敗を繰り返してしまうことにもなります。

慎重に行うことが求められますが、失敗をしてしまった時に目にグルーが入ってしまったり、痛みを感じたりしないように気を配ることが大切なのです。

また、初心者の場合は初心者向けのグルーを用意することをオススメします。

完全に乾くまでは時間が掛かることがあるので、この点にも注意をしてください。

 

・エクステを付けた後のポイント

乾かすのに4~5時間程度かかることや完全にまつげが安定するまでには、1日かかるのでむやみに触ったりしないことがポイントです。

また、化粧の仕方やクレイジング方法などを丁寧にすると、エクステの持ちがよくなりますよ。

マスカラの成分やクレンジング剤などによって、エクステが外れやすくなってしまうことがあるので、マスカラを使う時はお湯で落ちるタイプを使うことがポイントです。

洗顔の時にゴシゴシ洗うとエクステが取れてしまうことがあるので、目元はオイルフリーの専用クレンジングを使って優しく洗うことがポイントです。