一重の人はアイプチをしてつけまつげをすると良い、という事を聞いたことはありますが、まつげエクステを利用した場合はどうなのでしょうか?

サロンでは一重で悩んでいるのでまつげエクステを付けて二重にしたいという人もいるようです。

なぜ、まつげエクステで二重にすることができるのか、その方法をお教えしていきたいと思います。

 

・まつげエクステで二重まぶたにすることができる

一重や奥二重で悩んでいる女性は多いですが、まつげエクステを付けることで二重になり、化粧をする際にアイプチが必要なくなります。

今までアイプチなどを使って二重を作っていた人の多くは、まぶたに癖がついているので、まつげエクステを装着することで、まぶたが持ち上がりアイプチなどのテープが無くても美しいキレイな二重を作ることができるのです。

 

しかしこの方法はまつげエクステを装着し、まぶたが持ち上がることで二重になるので、まつ毛エクステが徐々に取れて行くに従って二重にも影響が見られるようになり、キレイな二重にならなくなってきてしまいます。

また一重の人すべてがまつげエクステを付けて二重になるということではなく、癖の具合や付け方によって理想的な二重とならないことも多くあります。

一重で悩んでいる人はサロンで相談してみるのも良いのではないでしょうか。

 

・一重や奥二重の人に似合うまつげエクステのデザインとは?

一重や奥二重の人の場合はエクステの本数を多めにしたりすることやまつげの黄金比の長さを守ると仕上がりが良くなります。

一重や奥二重の人の特徴はパッチリ二重の人のまぶたと比べると、厚みがあってまつげの根元が隠れてしまうことです。

まつげが下向き気味に生えているため、目立たせたい部分のエクステをやや長めにするとキレイな目を作ることができます。

 

また、カールを強めにして中心から目じりにかけて、まぶたが持ち上がるように付けるとパッチリ二重にすることもできますよ。

一重の人がまつげエクステを付けるだけで二重にすることができ、二重が1ヶ月程度続くと考えるとまるでプチ整形ですね。

お化粧を取っても、エクステは取れないのでスッピンでも二重のまま過ごすことができますよ。