まつげエクステはマスカラがいらないほどの自然感があり、目をパッチリに見せることができます。

まつげの長さや太さ、カールの種類がたくさんあるので、様々なイメージを作ることができるので人気になっています。

まつげエクステの持ちはサロンで行った場合は大体、3週間~1ヶ月程度です。

正しいクレンジング方法をきちんと行うと、まつげエクステの持ちをよくさせることができますよ。

持ちが悪くなってしまうことや持ちをよくさせる方法、クレイジング方法についてご紹介していきたいと思います。

 

・まつげエクステにオイルクレンジングを使うと持ちが悪くなる

まつげエクステを付ける時のグルーの接着剤は親油性でできているので、オイルクレンジングで洗うと溶けてしまいます。

接着剤がオイルクレンジングで溶けてしまうと、せっかく付けたエクステがポロポロと取れてきてしまったり、自分のまつげまで抜けてしまったりということもあるので、オイルクレンジングは使わないように注意しましょう。

このクレンジングが原因になり、1ヶ月間持つまつげエクステが1週間程度で取れてしまう事もあります。

エクステにオススメのクレンジング方法は、オイルフリーのクレンジングを使って、コットンなどで目元だけ化粧を落とす方法です。

洗顔の時や顔を拭くときに、目元をゴシゴシ拭いてしまうとエクステが引っかかって、取れてしまうことがあるので注意して下さい。

 

・まつげエクステの持ちをよくするには

メイクを落とす時の持ちをよくするポイントとして、エクステの部分のマスカラは綿棒を使ってメイクを落としていくのが良いでしょう。

指よりも摩擦が起こるのが少ないので、痛めにくくなり持ちがよくなります。

また、メイクを落とす時はオイルが少ない、水性ジェルタイプやリキッドタイプ、ローションタイプなどを使うことをオススメします。

 

メイクを落とす時のクレンジング方法は、まぶたの上にクレンジング剤を乗せて、まつげが生えている方向に向かって優しく指を動かすだけでOKです。

この時の注意点も同様で、指でゴシゴシし過ぎないように気を付けましょう。