まつげエクステ歴が長い人も多くいますが、まつげエクステは長期間持つというものではありません。

長くても1ヶ月前後で取れてきてしまいます。

さらにまつげエクステはサロンでエクステを付けてもらった場合と、セルフで行った場合では持ちが全然違います。

まつげエクステを長持ちさせる方法もあるので、紹介していきたいと思います。

 

・まつげエクステはどのくらい持ちが続くのか?

基本的にまつげエクステは、サロンとセルフで付けた場合で持ちは変わります。

まつげエクステをサロンで付けてもらった場合の持ちは、大体3週間~1ヶ月程度です。

まつげエクステをセルフで付けた場合の持ちは大体2週間程度です。

またセルフで付ける時に使うグルーによっても持ちが変わってきます。

初心者用のグルーを使っている場合は、1週間程度ですぐに取れてしまうという場合もあります。

しかし、長持ちをするからといって初心者の人が乾きやすい強力なタイプのグルーを使用すると、乾ききる前に適切な場所に付けることができず失敗の元になってしまいます。

まつげエクステをセルフで行って、尚且つ長持ちさせたいのであれば、付ける作業に慣れることも必要なのです。

慣れてしまえば、エクステを付けるスピードが速まるので、上級者用のグルーでも使いこなせるようになりますよ。

 

高品質のまつげエクステの商材

・まつげエクステを長持ちさせる方法

洗顔後に良く乾かすことやオイルクレンジングを使わないこと、マスカラはお湯で落とせるものを使うことなどを気を付けるだけでも、持ちが変わってきます。

お風呂上がりや洗顔後にエクステの部分をゆっくりとドライヤーで乾かしてあげるだけでも、持ちをよくすることができます。

乾かす時のコツはドライヤーを冷風の弱で少しずつ乾かしてあげることです。

温風や強風などで乾かしてしまうと、エクステが取れてしまうことがあるので、必ず冷風の弱で乾かすようにしましょう。

 

それでも、エクステが徐々に抜けてきてしまってバランスが悪くなってしまった時は、バランスを整える程度にリペアをしてあげましょう。